英译日文章参考译文

以下为上一篇推送文末英语文章的参考译文:

爆発的なデジタル技術の発展に伴い、企業はオンライン・オフライン双方で顧客にまつわる膨大なデータを収集している。この傾向に拍車をかけているのは、ウェアラブルなフィットネス・トラッカーからスマートハウスまで、詳細な情報を収集して伝送するスマート機器だ。

一部の企業は自社のデータ活用プロセスを情報開示しているが、ほとんどの企業は消費者に何も知らせたがらない。それでいて、みずからが情報の共有権をコントロールしたがり、あらかじめ許可を求めるよりは、後から許容してもらおうとする。また、いますぐではないが、いつか役に立つだろうとの理由から個人情報をひそかに収集することも珍しくない。

筆者らは、ユーザーの個人情報を有効活用した商品・サービス開発を支援する企業、フロッグの現役幹部と元幹部だ。それゆえに、このような秘密主義的なデータ収集アプローチは軽率だと考えている。顧客データを勝手に使用することで、短期的にはメリットが得られるかもしれない。しかし我々の調査によると、たとえ収集データの具体的な内容を知らされていなくとも、消費者は自分たちが監視されていることに気づいている。そして、自分の個人情報の使途に懸念を抱いている。  

今後、競争優位の源泉として顧客データの果たす役割が拡大していけば、消費者からの信頼獲得がカギとなってくる。データ収集に関して透明な企業、すなわち、顧客側に個人情報の管理権を与えて正当な対価を支払う企業は、顧客の信用を勝ち取り、継続的に、あるいはより広い範囲でデータを活用できるだろう。

かたや、個人情報の使途を明かさず対価も払わない企業は、顧客の信用を失うばかりか、事業自体が立ち行かなくなるだろう。

来源:

モリー,ティモシー, and フォーバス,セオドア. “データ社会で優位性を築くための 3 つの原則 顧客データの収集は信頼構築から始める.” Harvard business review 40.9 (2015): 110-123.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注