日本MBA院校第一名果然还是它——

关于日本MBA院校的排名,我们随手一查,就可以发现各家各户形形色色的排行榜。这些不同的排名因为所参照的评判标准不同,展示出来的结果可以说是截然不同。

这对于想要报考MBA的同学来说可就犯了难,MBA院校到底从何选起??

今天我们从众多榜单中选取三个给大家简单介绍一波。(部分榜单中包含研究者项目,以及部分院校名字有变更,本文按照榜单原文进行介绍)

首先是Eduniversal Worldwide Business Schools Ranking

(榜单原网页:http://www.eduniversal-ranking.com/business-school-university-ranking-in-japan.html)

此榜单来源于法国SMBG(成立于1994年的教育机构咨询公司)发起的“全球商学院排名”。由12名成员组成的委员会从全球153个国家中选出1000所商学院,并按国家对商学院进行排名。

★五星级

第1位:慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 経営管理専攻

第2位:早稲田大学大学院 経営管理研究科 ビジネススクール

★四星级

第3位:京都大学大学院 経営管理教育部 経営管理専攻

第4位:東京理科大学大学院 経営学研究科 経営学専攻

第5位:名古屋商科大学大学院 ビジネススクール マネジメント研究科

第6位:神戸大学大学院 経営学研究科 現代経営学専攻

第7位:一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 国際経営戦略コース

第8位:国際大学大学院 国際経営学研究科 国際経営学専攻

★三星级

第9位:明治大学大学院 グローバル・ビジネス研究科 グローバル・ビジネス専攻

第10位:北海道大学大学院 経済学研究科現代経済経営専攻 経営管理コース

第11位:立命館アジア太平洋大学院 経営管理研究科 経営管理専攻

第12位:関西大学大学院経済学研究科

第13位:青山学院大学大学院 国際マネジメント研究科 国際マネジメント専攻

第14位:東北大学大学院経済学研究科経済経営学専攻

第15位:九州大学大学院 経済学府 産業マネジメント専攻

第16位:法政大学大学院経営学研究科経営学専攻

★二星级

第17位:立教大学大学院 ビジネスデザイン研究科 ビジネスデザイン専攻

第18位:同志社大学大学院 ビジネス研究科

第19位:筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学専攻

为什么在这里我们要特意放上一个非本土进行的排名呢?

因为从日本的MBA院校毕业后,在外资企业、或是回到本国、或是移居海外并找到工作的大有人在。而在这种情况下,一个能客观评价所持有的MBA学位的含金量的海外排行就显得尤为重要了。

接下来介绍的是一个日本本土的排名————日経Bizアカデミー。

它发布的日本国内mba院校排行如下:

【1位】慶應義塾大学大学院経営管理研究科 (KBS)

【2位】グロービス経営大学院経営研究科

【3位】一橋大学大学院商学研究科

【4位】早稲田大学大学院ファイナンス研究科

【5位】一橋大学大学院国際企業戦略研究科

【6位】マサチューセッツ大学MBAプログラム

【7位】筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻

【8位】横浜国立大学大学院国際社会科学研究科

【9位】ビジネス・ブレークスルー大学院大学経営学研究科

【10位】青山学院大学専門職大学院国際マネジメント研究科

【11位】中央大学大学院戦略経営研究科

【12位】英国国立オープン・ユニバーシティMBAプログラム

【13位】筑波大学大学院システム情報工学研究科

【14位】首都大学東京大学院社会科学研究科経営学専攻

【15位】SBI大学院大学経営管理研究科

【16位】産業能率大学大学院総合マネジメント研究科

【17位】小樽商科大学大学院商学研究科

【18位】明治大学専門職大学院グローバル・ビジネス研究科

【19位】南山大学大学院ビジネス研究科

【20位】金沢工業大学大学院工学研究科ビジネスアーキテクト専攻

最后介绍的是日本国内的商务人士都想要入学的、日本流行的MBA排行榜!虽然这个榜单不是今年的数据,但是仍然可以作为同学们报考时的参照~

(榜单原网页:

https://style.nikkei.com/article/DGXZZO9889076025032016000000?channel=DF180320167087)

榜单分为关东关西圈:

日本国内人气排行榜(东日本)

【1位】慶應義塾大学大学院経営管理研究科経営管理専攻:(1597点)

【2位】グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻:(749点)

【3位】一橋大学大学院商学研究科経営学修士コース:(729点)

【4位】早稲田大学大学院商学研究科ビジネス専攻:(702点)

【5位】一橋大学大学院国際企業戦略研究科経営金融専攻:(633点)

【6位】マサチューセッツ工科大学MBAプログラム:(495点)

【7位】筑波大学大学院ビジネス科学研究科経営システム科学専攻:(381点)

【8位】横浜国立大学大学院国際社会科学府経営学専攻:(350点)

【9位】ビジネス・ブレークスルー大学大学院経営学研究科経営管理専攻:(277点)

【10位】青山学院大学専門職大学院国際マネジメント研究科国際マネジメント専攻:(264点)

日本国内人气排行榜(西日本)

【1位】京都大学大学院経営管理教育部経営管理専攻:(1348点)

【2位】神戸大学大学院営学研究科現代経営学専攻:(904点)

【3位】グロービス経営大学院大学経営研究科経営専攻:(480点)

【4位】同志社大学大学院ビジネス研究科ビジネス専攻:(467点)

【5位】九州大学大学院経済学府産業マネジメント専攻:(430点)

【6位】立命館大学大学院経営管理研究科経営管理専攻:(382点)

【7位】関西学院大学経営戦略研究科経営戦略専攻:(303点)

【8位】立命館アジア太平洋大学大学院経営管理研究科経営管理専攻:(297点)

【9位】大阪府立大学大学院経済学研究科経営学専攻:(266点)

【10位】大阪経済大学大学院経営学研究科経営学専攻:(158点)

此排行榜是根据日本经济新闻与日经hr以“商务人士想去哪个MBA学校”为主题进行的一项联合调查进行的排名,主要调查对象是日本国内20代到40代的商务人士。

既然是日本国内的商业大佬们都想去的学校,就算它在总体实力排行榜或是国际版排名并不靠前,肯定还是有它的优势在。这个优势可以是丰富的人脉资源,还可以是学校优越的学习环境和条件,到底孰好孰坏,就看各位到底追求的是什么了。

以上是今天和大家分享的日本MBA排行榜,同学们可以自行参照排行以及自身情况,制定自己的报考清单~

end.

部分图片及内容来源于网络,版权归原作者所有

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注